MENU
整理・収納アイデア

キッチンツールの引き出し収納!お玉やフライ返し、トングもこれで整理いらず

キッチンツールの引き出し収納!お玉やフライ返し、トングもこれで整理いらず

こんにちは。ぐうたらんこです。

キッチンツールって、意外に嵩張って収納に困りますよね。

お玉、フライ返し、菜箸など、形も様々なので片付けても使っているうちに崩れやすい・・・

以前の収納法

IH区キングヒーターの下にある引き出し収納

こちらは以前の収納法。

キッチンツールは柄の長さがあるので、 クッキングヒーターの下にある深い引き出しの中にフライパンなどと一緒に収納。

鍋やフライパンと同時にキッチンツールを取り出せば、アクション数も少なくて済む。

調理中であってもコンロ近くの引き出しなので、使い勝手も良い収納法ですよね。

ただ、キッチンツールを立てる収納はとにかく崩れやすい!と思いませんか?

整理した後は、お玉はここの仕切りに、フライ返しはこっちの仕切りに、トングはここに、と仕切りごとに分類したはずなのに、日々使っているうちにお玉があっちこっちの仕切りに入っていたりと、キレイな状態を保つのが難しい。

崩れてくると取り出すときに引っ掛かるし、必要なものが見つかりにくいんですよね・・・

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
そのまま使い続けたらグッチャグチャの巻やでぇ。
斜めになりまくりで引っ掛かるし、引き出しも閉まらんっちゅうねん!

キッチンツールは定期的に整理整頓しなければならなかったのですが、これでもう崩れない!という収納法に変えたことでキレイを維持することができているのでご紹介♪

この記事はこんな人におすすめ

  • キッチンツール同士が引っ掛かって出しにくいことがある
  • 気がつけば、お玉や菜箸、フライ返しの場所がバラバラになってしまう
  • 片付けた後はキレイだが、使っているうちにグチャグチャになってくる

キッチンツール収納の基本

「キッチンツール」と一言で言っても、種類を挙げ出すとキリがないぐらいありますよね。

たくさんあるキッチンツールをひとまとめに収納することを考えがちですが「使うシーン・場所」ごとに収納すれば、導線の妨げにならず使い勝手の良い収納になるはず!

例えば、お玉やフライ返し、菜箸などはコンロ付近で使用することが多いですが、スライサーや皮むき器などはコンロよりも流し台に近いところで使用することが多いですよね?

我が家のキッチンはそれほど広いわけではないですが、料理中にあっちこっちに移動せずにサッと取り出して使える、ということを基本に収納しています♪

お玉・フライ返し・トング・菜箸の引き出し収納

ポキポキ仕切りを使ったキッチンツール収納
正面からの引き出し

こちらはキッチンの中心あたりにある浅めの引き出しです。

お玉、フライ返し、ヘラ、菜箸、キッチンばさみなど、鍋やフライパンと同時に使うツールや、キッチン台の上で使うものを中心に収納しています。

ツールを取り出せばその場所に空きができるので、洗った後にそこに収納するだけ。

1つ1つに「定置」を決めてあげることで、収納がグチャグチャになったり乱れてしまうことが一切ありません!

この収納法に変えてからキッチンツールを定期的に整理する手間が一切なくなりましたよ♪

旦那ちゃん
旦那ちゃん
え~?1つずつ仕切ると場所を取りそうだけど~
ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
フフフッ・・・そう思うやろ?
それが意外に収納力高いねんで♪
コツは寝かして立てる!ってことやな!

キッチンツールを寝かして立てる

仕切り幅が大きいと、キッチンツールが正面を向いて横になってしまい、スペースを取り過ぎてしまいます。

仕切り幅を狭くし、横向きに立てて収納することで無駄なく収納することができました。

無造作にバサッと重ねて収納することに比べれば収納量は落ちますが、幅広の仕切りを使って収納していた時と比べれば、同量のキッチンツールを収納できています。

同じ「立てる」と言っても、縦じゃなく横向きに立てる!笑

何より、何がどこにあるか一目瞭然で取り出しやすく崩れないことが魅力です♪

キッチンツール引き出し仕切りの作り方

今回は、引き出しの仕切りを自由に調節できるポキポキ仕切り板(楽天市場)を使います。

キララ ポキポキ仕切り板

100均にも同様の商品がありますが、100均の仕切りはペラペラで頼りないため、プラスチック専門店のキララ(楽天市場)で丈夫な仕切りを購入しました。

今回の仕切りに重要なのは、仕切り板用のアタッチメント。

本来ポキポキ仕切りは仕切り同士を交差させて仕切りを作りますが、アタッチメントがあれば自由方向に仕切りを作ることができます。

仕切りにアタッチメントを取り付ける
仕切りの両サイドにアタッチメント
魔法の両面テープを貼り付ける
アタッチメントにテープを貼る

仕切り板を適当な長さにポキッと折り、板の両サイドにアタッチメントをはめ込みます。

あとはアタッチメントの裏に粘着テープを貼り付けて引き出しの中に固定するだけ。

仕切り板用のアタッチメントには始めから両面テープが付属されていますが、この両面テープが強力すぎて1度貼ると剥がすのに苦労します。

特に今回の仕切りはキッチンツール1本1本が収まるように幅を狭くするので、後々キッチンツールを買い換えたときに入らない、、、なんてことになると困ります。

そのため、繰り返し貼って剥がせる「魔法の両面テープ」を使って固定しています。

魔法の両面テープなら調整しながら仕切りを固定できるので便利ですよ♪

何度か仕切りの幅をやり直しましたが、ひねるようにして剥がせば剥がし跡も残らず、何度でも貼り直すことができました。

魔法の両面テープについては以下の記事を参考にして下さいね。

どこでも何でも壁面収納!剥がし跡なしで繰り返し使える魔法の両面テープ
どこでも何でも吊り下げ収納!剥がし跡なしで繰り返し使える魔法の両面テープこんにちは。ぐうたらんこです。 最近、繰り返し使えて強力なシールタイプのフックが人気ですよね。 もともとは オテル マジックシートフック...

引き出しに取り付けたポキポキ仕切り

取り付けた仕切りです。

仕切り板の長さはざっくりなんですが、基本的に柄の部分が収まるようなイメージです。

ヘラや菜箸、フライ返しなどは仕切りが短くても横向きに立ってくれますが、お玉は仕切りが短いと、クルン、と上を向いてしまいます。
仕切りを長めにすることで、複雑な形状のお玉もキチンと横向きに自立してくれました。

また、アタッチメントを3ヶ所に付けている仕切りもあります。

バネがあるトングは開いた状態で収納すると場所を取るので、ある程度閉じた状態で収納。固定力を高めるため3ヶ所にアタッチメントを取り付けました。

仕切りを作るときは使用頻度の高いものが手前になるようにし、ツールを実際に並べながら幅を固定しましたよ。

収納量が減るかと心配していましたが、持っていたツールは全てキレイに収めることができましたし、以前は違う場所に収納していたピザカッターやしゃもじも収納することができたので、結局以前より収納力が上がったかもしれません♪

ポイントは、全てのツールを横向きに立てる!ということですね。

スライサーの収納方法


before

スライサーセット大根おろし、スライス、千切りなどが簡単にできるセットは、ケースに入れたままの状態で棚に収納していましたが、蓋を開けて取り出すのが面倒なので使用頻度が減っていました。


after

吊り戸棚の中吊り戸棚の手の届きやすい場所(棚の2段目)にパーツごとに立てて収納することで、シンクで野菜を洗ってすぐにお目当ての器具を取り出すことができるようになりました。


スライサー仕切りの作り方

スライサーの仕切り

こちらも先ほどのキッチンツールの仕切りと同様に、ポキポキ仕切り板とアタッチメントを組み合わせています。

先ほどとの違いは、手前部分は全てアタッチメントで固定しましたが、奥の部分は仕切り板をはめ込んで固定しています。

このように奥を仕切ることで、スライサーが棚の奥に入り込んでしまわないようにしています。

斜めから見たスライサーの仕切り
斜めから見たところ
正面から見たスライサーの仕切り
正面から見たところ

ピーラー(皮むき器)の収納方法

以前、ピーラーはフックに吊り下げて扉裏に収納していましたが、扉を開ける度にカチャカチャとうるさいので収納法を見直しました。

先ほどと同じシンク上の吊り戸棚の中です。

棚の上にピーラーが浮いているのが分かりますか?笑

ちなみにその横にあるのは包丁研ぎです。

棚の上部分に隙間があったのでその部分に差し込めるようにしました。

使ったのはこちら

ベビーガード(Amazon)を使用しましたが、ベビーガードは100均でも購入できます。

このベビーガードの長さを調整して固定するだけで、安定してピーラーを収納することでできました。

ピーラーが収納されている
ピーラーを取り出している

ベビーガードを固定するときのポイントは、長さをツールとピッタリに調節すること。

たわみがゆるいとスポッ!と抜け落ちてしまいますのでご注意下さいね。

実はこのベビーガード、とっても使い勝手の良いアイテムで、アイデア次第でいろんなものを収納することができます。

コンロ下の引き出しの中にベビーガードを取り付けてキッチンツールを収納するのもおすすめ。

ベビーガードを使ったキッチンツール収納
ベビーガードを横から見たところ

キッチンツールスタンドを使うと場所を取ってしまうことがありますが、この方法ならわずかな隙間でも収納することができます。

また、キッチンツールスタンドを使った収納は、ツールがあっちこっち向いてしまって取り出しにくいことがありますが、このように1、2本ずつ定置を決めてあげればツールが乱れてしまうことを防げますね。

ベビーガードを使ったツール収納では、下の方にベビーガード1本、中央当たりにもう1本、と2本ずつ取り付けた方が安定します。

ひとつの場所にはツールをたくさん差し込まず、1本~3本ぐらいまでにするとキレイな状態が続きやすいです。

引き出しキッチンツール収納のおすすめアイテム

その他、引き出しの中に収納する仕切りとしておすすめなのがカインズのスキットシリーズ!

中でもスキット スリム はツールごとにスッキリ収納できるのでおすすめです。

参照元:CAINZ ONLINE ShOP

カインズの「スキット スリム」は、幅が7cmととってもスリム。

スリムだからこそ、ツールが横向きに立ちやすい♪

また、スキットシリーズにはフロント部分に「へこみ」があるのですが、ここに丁度キッチンツールの持ち手部分が収まり、取り出しやすく崩れにくいポイントになりましたよ♪

旦那ちゃん
旦那ちゃん
前はこのボックス使って収納してたよね?使いやすいならこの方法で良いんじゃないの??
ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
それはやなぁ・・・
洗って片付けてくれるのは助かるけど、菜箸のところにトングが入ってたり、お玉のところにフライ返しが入ってたりするからや!
私がいっつも片付け直してたん知らんやろー

最後に

今回は、使っているうちに崩れてしまって整理整頓が必要な収納法を改め、片付け直す必要がない収納に焦点をあててご紹介しました。

現在の収納法にしてからとても快適にキレイを維持できております♪

良かったら参考にしてみて下さいね。

関連記事