収納便利アイテム

液だれしない!液体調味料(醤油・酒・酢・オイル)の詰め替え容器はこれ!

液だれしない!液体調味料(醤油・酒・酢・オイル)の詰め替え容器はこれ!

こんにちは。ぐうたらんこです。

オシャレなキッチンを目指すなら調味料の詰め替えを考えますよね。
ただ、せっかく詰め替えた容器の付け勝手が悪いと料理の効率も下がってしまいます。
液だれしない、持ちやい、注ぎやい、洗いやすい、このべてを備える容器じゃないと意味がない!

そこで今回は、何種類か試した中でお勧めの液体調味料ボトルについてお伝えします!

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
ほんま、このボトルに行き着くまで長かったわー

調味料を詰め替えるメリット・デメリット

まず、これから調味料の詰め替えを考えている方は、私のような失敗を繰り返さないために、調味料を詰め替えるメリット・デメリットをよーく検討してみて下さい。

メリット

  • ボトルが揃うことでとにかく見た目が美しい
  • 使いやすければ作業効率が上がる
  • ボトルが揃うことで収納力が上がる

デメリット

  • 詰め替えが面倒
  • 容器の衛生面が気になる
  • 洗い物が増える
  • 同じボトルだと何が入っているかわかりにくい
  • 入りきらない調味料を別途保管しなければならない

詰め替えを考えている方の多くは、メリットの部分を中心に容器を探しているかもしれませんね。
私も見た目重視でボトルを揃えてしまっていましたが、実際に詰め替えて使用していると、デメリットの部分が非常に重要になってきます。
いくらオシャレでも詰め替え頻度が高いとほんと面倒になります。
特に、醤油、酒、オイル、酢などは日々使う頻度が高い分詰め替えの頻度も上がりますし、洗いにくい容器だと尚更面倒になってしまいますよね。

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
ほんま、疲れてるときとか洗わずに詰め替えたろうかと思ってまうもんなー
旦那ちゃん
旦那ちゃん
たまに料理すると、同じボトルばかりで探すのに苦労しちゃうよ。
ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
ん?そこは見た目重要やから譲れんわ。

さてさて、ボトルを揃えることが目的なので旦那ちゃんの意見はさておき、この問題となってくるデメリット部分を補える商品はあるのでしょうか。

醤油やオイルなどは比較的大きなボトルで売られています。つまり、詰め替え容器の容量が少ないと詰め替え頻度が上がるだけではなく、容器に入らない余った調味料も別途保存しなければまりません。

常温保存できる調味料はまだしも、醤油などの鮮度を保つために冷蔵保存が望ましいとされている調味用は、それでなくても物で溢れている冷蔵庫に保存する余裕なんてありません。

また、詰め替えしやすく洗いやすい形状であること、液だれが少なく使い勝手が良いこともポイントとなってきますよね。

市販調味料の容量

は醤油は鮮度を保つ密封ボトル入りの物も販売されていますが、それ以外のボトル容量は、500ml、750ml、1000mlのペットボトルが中心。

みりんは大容量を除けば300ml~1000ml。料理酒は500ml、1000mlが中心。

オリーブオイルは500ml、750ml、1000mlが中心。

お酢は500mlや900mlのものをよく見かけます。

代表的な液体調味料を考えると、詰め替えボトルの容量は500ml~1000ml欲しいところですね。
300ml以下のボトルだと詰め替え頻度や余った調味料の保存場所を考えなくてはなりません。

そのため、できる限り購入した調味料を丸々入れ替えることができる商品を使いたいですね!

1000ml調味料の詰め替えボトル

以前私は、液体調味料は1000mlのペットボトルで購入していましたので”麦茶ポット(冷水ポット)”を使っていました。

どうせならスタイリッシュでオシャレな麦茶ポットが良いので、最初に試したのはsarasa design b2c ウォータージャグです。

スクエア型で縦置き横置きOKで見た目がとてもオシャレ。ヒルナンデスで紹介された、という言葉にも惹かれ、早速購入して液体調味料を入れて使ってみたのですが、

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
あれ?フタが固まって開かへーん!

b2c ウォータージャグはフタをくるっと回して開けるタイプで、醤油、みりんなどの糖分を含む物を入れると回す部分が固まって開かないし閉まらない。その上、液だれもしてしまうので調味料の保存には向かないと気づき3日で使用をやめました。

ちーん。

調味料には向きませんでしたが、冷水ポットとして冷蔵庫に横置きできるのは魅力的な商品ですね。

その次に試したのがフレッシュロック ピッチャーです。

1100ml入るので丸々詰め替えることができました。

醤油・みりん・酒を入れたボトル
持ち手の部分

この商品は思いのほか液だれも少なく良い感じに使っていました。
フタ部分は回すタイプではないので糖分が固まってしまうこともナシ。
持ち手部分が上部にあるため、キッチンの1番下の深い引き出しに入れて保存したときに上から取りやすいので料理がはかどりました。

ただ、本来はお茶を入れる物ですから注ぎ口が大きめ。ドバッと出てしまってめちゃくちゃ濃い味になってしまうこともあったため、料理しながら使うには不向きなのかもしれません。

どうしても1000mlを詰め替えたいんだ!という方にはお勧めの商品です☆

500ml調味料の詰め替えボトル

オシャレブロガーさんが良く紹介されているiwaki (イワキ) 密閉醤油差しは、容量が250mlなんですよね。

密封できることから鮮度を保つことはできると思いますが、詰め替え頻度が多くなること、余った調味料の保存場所が必要というところが納得できませんでした。

この容器は調理用醤油ではなく食卓用の醤油を入れて冷蔵庫保存ですね!

今回は料理しながら使えるボトルを求めていたので、最低でも500ml入る物を探したところ、セラーメイト 調味料ボトル 500がありました。

このボトルはとても使いやすく、私も愛用している商品です。

冷蔵庫に並んだセラーメイト

焼き肉のタレや市販のドレッシングなどを詰め替え、冷蔵庫保存用として使っています。
液だれもなく、とても使いやすい商品であることは間違いない!
ただ、料理しながら使うには形状的に持ちにくいということが難点・・・。

ドレッシング等の詰め替えにはもちろんお勧めですが、調理用調味料の詰め替えにはちょっと向かないかもしれません。

醤油・酒・酢・オイルの詰め替え容器はこれ!

500mlが入り、使いやすさも兼ね備えている商品がなかなかみつかりませんでしたが、ようやく見つけたのがこの商品。

スカンディック オイル&ビネガージャーのボトル
注ぎ口

スカンディック オイル&ビネガージャーのボトル!
名前の通りオイルやお酢を詰め替えるボトルですが、このボトルが非常に使いやすい。

このボトルはなんと550ml入ります!

密閉はできないですが、料理しながら片手で簡単に使える上、注ぎ口が小さいので調節しながら注ぐことができます☆

並べて収納

醤油、みりん、料理酒、オリーブオイル、ごま油、ワインビネガー、など、常温保存がある程度可能で、料理しながらサッと使いたい調味料は全てこのボトルに入れて使用しています。

画像のように、キッチンサイドのボトル収納用の引き出しにキレイに収まり、取っ手が付いているのでとても取り出しやすいですし、もちろん液だれもほとんどありません!

当初、使い勝手が良く大容量のボトルはセラーメイトも候補の1つでしたが、両者のスペックを比べてみると決定的でした。

セラーメイト ボトル

サイズ胴径78×高さ186mm
本体重量335g
材質ソーダライムガラス/PP/18-8ステンレス
原産国日本
容量500ml

スカンディック ボトル

サイズ105×65×225mm
本体重量248g
材質耐熱ガラス/18-8ステンレス/ポリプロピレン
原産国中国
容量550ml

オレンジで表示した部分をご覧頂くと、スカンディックのボトルの方が容量があるのに本体が軽いことがお分かり頂けると思います。

実際使ってみてもスカンディックのボトルは大容量なのに重さを感じさせません。

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
軽い、持ちやすい、注ぎやすい、の三拍子やでー!

フタをあけたところ

しかも、セラーメイトのボトルは洗う際の口部分が4cm強なのに対し、スカンディックのボトルは6cm強。手が入る大きさではありませんが、一般的に売られているコップ洗いスポンジがスッポリ入りますので洗いやすい!

また、スカンディックのボトルは耐熱ガラスになっていますので120度までOK。

煮沸消毒もできますね☆


その他、スカンディックのボトルはスリム。スリムな分高さがありますが収納スペースを取りません。

ただ、スカンディックのボトルにも欠点があります・・・

それは少々お値段が張ること・・・。セラーメイトのボトルの約2倍のお値段になります。

最後に

今回は、醤油やみりん、料理酒、オイルなどの料理中に使う調味料の保存容器についてお伝えしましたがいかがでしたか?

以前は1000mlの調味料を購入していましたが、スカンディックのボトルに出会ってからはなるべく500mlの調味料を購入し、詰め替えたときに調味料が余らないようにすることで別途場所を確保する必要がなくなりました。

個人的に妥協はしたくないのでこのボトルで揃えることを決めましたが、お財布に余裕のある方はぜひお試し頂ければと思います!

ちなみに、使用中のスカンディックのボトルのボトルには、取っ手部分とフタ部分の両方にラベルを貼り、上から見ても横から見ても何が入っているか分かるようにしています。

それでもうちの旦那ちゃんは見つけるのが大変そうですが、そこはもう、慣れて貰うしかありませんね 笑

関連記事
冷蔵庫ポケットの調味料も取り出しやすい!100均アイテムでスパイスラック 収納便利アイテム

100均グッズでオシャレに調味料収納!スリムでコンパクトなスパイスラック

2019年7月28日
家がどんどん好きになる~整理収納・DIY・生活便利アイテム~
こんにちは。ぐうたらんこです。 皆さんは塩こしょうなどの調味料ボトルは詰め替えてますか? ボトルを揃えると見た目がとても美しくてとても気持ち …
粉物(小麦粉・パン粉・片栗粉)の冷蔵庫保存はボトル型が便利! 収納便利アイテム

粉物(小麦粉・パン粉・片栗粉)の冷蔵庫保存はボトル型が便利!

2019年4月2日
家がどんどん好きになる~整理収納・DIY・生活便利アイテム~
こんにちは。ぐうたらんこです。 以前は調味用のほとんどはで常温保存していましたが「粉物には虫がわく!」とか「小さな隙間から虫が入る!」なんて …
壁紙に貼ってはがせる「くりぴたフック」100均ダイソーとの違いは? 収納便利アイテム

壁紙に貼ってはがせる「くりぴたフック」100均ダイソーとの違いは?

2019年5月1日
家がどんどん好きになる~整理収納・DIY・生活便利アイテム~
こんにちは。ぐうたらんこです。我が家は賃貸ではありませんが壁に穴を開けるのはやっぱり抵抗があります。石膏ボード用のホチキスで小さな穴を開ける …
どこでも何でも壁面収納!剥がし跡なしで繰り返し使える魔法の両面テープ 収納便利アイテム

どこでも何でも吊り下げ収納!剥がし跡なしで繰り返し使える魔法の両面テープ

2019年7月29日
家がどんどん好きになる~整理収納・DIY・生活便利アイテム~
こんにちは。ぐうたらんこです。 最近、繰り返し使えて強力なシールタイプのフックが人気ですよね。 もともとは オテル マジックシートフック が …