MENU
収納便利アイテム

100均ジッパーバッグ×無印ポリプロピレンケースで省スペースな薬収納!

100均ジッパーバック×無印ポリプロピレンケースで省スペースな薬収納!

こんにちは。ぐうたらんこです。

家の中にある細々した物の収納は、アイデア次第でとても使いやすくなりますよね。

マメに整理収納されている方は、1度整理した後、使い勝手を観察しながら何度も収納の見直しをされていることと思います。

私自身も「これで完璧!」と思って収納したものが、使っているうちにだんだんデメリットに気づいてきて再度収納を見直すことが非常に多いんですよね 笑

旦那ちゃん
旦那ちゃん
キレイに収納できているからもう良いんじゃないの?

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
あかん!キレイなだけはあかんねん!使いやすくないと続かへんねん!

そんな見直し収納のうち、今回は「薬収納」についてお伝えしたいと思います☆

この記事はこんな人におすすめ

  • 風邪薬などの常備薬の収納について知りたい
  • 省スペースな薬収納法に変更したい
  • 無印良品ポリプロピレンケースに小物をキレイに収納したい

薬収納に便利なアイテム

細々した常備薬の収納に便利なアイテムとして、100均のケースや無印良品のケースを使ったアイデアが紹介されていますね。

私も以前は小さなケースを使って薬を収納しており、無印良品の「ポリプロピレン小物ケース」を使った「気持ちいぃ~収納」をしていました。

こんな感じで。

無印用品のケースを使った薬収納

引き出し内にケースがピッタリ収まり、引き出す度にキレイに整列されていることが気持ちよく、お気に入りの収納場所でした。

無印用品のケース以外に、リーズナブルなシガレットケースや、オシャレな「mon・o・tone」の小物入れも試しましたよ♩

このようなケースを使った収納法のメリットは、何より見た目が美しいこと!

一方、この収納法のデメリットは以外に多く、

  1. 中身が少なくなってもケースの分場所を取る
  2. 新しい薬を買ったときに1つのケースを使うか迷う(使うならケースを買い足す必要がある)
  3. スクエア型で隙間がないと意外に取り出しにくい
  4. 錠剤、絆創膏などの小さいもの以外の、湿布、包帯などの収納は別途考える必要がある

といったことを感じながらも、見た目の良さを重視して我慢しておりました。

収納スペースに余裕のある方は小型ケースを使った美しい収納をお勧めしますが、我が家は薬置き場にそれほどスペースを取りたくなく、小さいボックスと言えども、分かりやすく種類ごとに収納すると結構な場所を必要とすることが最大のデメリットでした。

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
買ってきたまま収納してる方が省スペースやったな・・・汗

薬収納の見直し

薬収納見直し基準

  1. 省スペース収納であること
  2. 錠剤などの小さいもの以外の常備品にも使えること
  3. 現在使っている無印良品ポリプロピレンケースの引き出しに合う収納であること

①省スペースであること

小型のケースを使った収納法の最大のデメリットであった「場所を取る」ということの見直しとして、ジッパーバッグを使った収納が省スペースで良さそう。

家にあったジップロックなどの食品保存袋を使おうかと思いましたが、フリーザーバックなどは素材が柔らかく、立てて収納するには仕切り板などが必要になります。

立てて収納するにはマチがあって素材のしっかりしたジッパーバッグが良いですよね。

マチありでしっかりした素材のジッパーバッグは、通販の他100均でも購入できますし、可愛いデザインのものがたくさん♩

②錠剤などの小さいもの以外の常備品にも使えること

この点についても、ジッパーバッグには様々なサイズが販売されているので、薬だけでなく小物収納にも使えそう☆

実際、ジッパーバッグを使ってアクセサリーや文房具を収納されている方もいらっしゃるようですね♩

③無印良品ポリプロピレンケースの引き出しに合う収納であること

全くもって私事ですが、現在使っている薬収納の引き出しは無印良品のもの。

どうしてもこの引き出しにキレイに収まるものが良かったのです 笑

ジッパーバックにはS、M、Lサイズといった風にサイズが豊富なのが魅力ですが、幅26×奥行37×高さ17.5(引き出し内の高さは14cm強)の無印良品 ポリプロピレンケース ワイドワイド 引き出し2個タイプに合うジッパーバッグがなかなか見つかりませんでした。

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
幅は問題なくても無印の引き出しより背が高いのがほとんどやってん・・・

セリアのジッパーバッグが無印良品の引き出しにピッタリ!

「ポリプロピレンケース ワイド2個」にはこのジッパーバッグ

セリアのジッパーバッグを使った薬収納

こちらはセリアのジッパーバックを使った薬収納です。

なんとも身近なところにジャストサイズのジッパーバッグがありました 笑

ワイド 引き出し2個タイプの高さと幅にシンデレラフィットしてますよね♩

Sサイズのジッパーバッグはセリアに2種類ありましたが、画像のデザインの方が、幅10.5×高さ13cmほど。


こちらのデザインの方であれば、引き出しと干渉することなくピッタリキレイに収めることができました☆
もう1つのデザインは少し高さが増すので、ひょっとしたら無印の引き出しには合わないかもしれません。

錠剤の他、絆創膏などの収納にちょうど良いサイズです。

マチがあるので自立してくれますし、中身が少ないときはペタンコにして収納できるので場所を取りません。

ポリプロピレンケース ワイドにはこのジッパーバッグ

大きいセリアのジッパーバッグを使った薬収納

こちらもセリアのジッパーバッグ。

サイズは、幅20cm強×高さ12.5cmほどになります。

こちらのサイズは、ポリプロピレンケース ワイドにジャスト!

デザインは画像のものともう1種類あったように思います。(老化で記憶が定かではありません・・・涙)

ジッパーバッグの底部分

こちらのジッパーバッグはマチも大きめなのでたくさん収納することができますし、もちろん自立します。

最大5.5cmほどありますので、中に入れるものによって調節することができますね。

1つのジッパーバッグに、巻き包帯、指包帯、ガーゼ、ネットなど、同じようなアイテムをまとめて入れることができるのでとても便利です。

その他、マスクや湿布にもちょうど良いサイズ。

特に湿布収納はジッパーで乾燥も防げて便利ですよ♩

包帯収納
マスク収納
湿布収納

最後に

今回は、セリアのジッパーバッグを使った薬収納についてご紹介しましたがいかがでしたか?

見た目の美しさは小さなボックスを使った収納には劣りますが、使い勝手は抜群です☆

中の入れるものによって厚みを調整できるし、100円で数枚入っているので薬が増えたときにも気兼ねなく収納することができています。

今回は薬収納としてお伝えしましたが、細々した物の収納にはとっても便利なアイテムなので、良ければ参考にして下さいね。

関連記事