MENU
ワイヤーネットアレンジ

ワイヤーネットアレンジ!折り方・繋げ方・切り方など加工法まとめ!

ワイヤーネットアレンジ!折り方・繋げ方・切り方など加工法まとめ!

こんにちは。ぐうたらんこです。

100円ショップで気軽に購入できるワイヤーネット。
アイデア次第で使い方は無限ですよね♩

ワイヤーネットを使ったDIYについては他サイトでも多数紹介されていますが、記事を読んでいて「曲げたりカットしたりして何だか大変そう・・・」と思うことありませんか?

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
実はワイヤーネットの加工はめちゃくちゃ簡単♩コツさえ掴めばサクサク何でも作れるでー♩


このブログでもワイヤーネットを使った簡単DIYについて複数ご紹介しておりますが、キレイに、そして手早く作成して頂くために、今回はワイヤーネットのアレンジ法についてまとめておきます!

この記事はこんな人におすすめ

  • ワイヤーネットDIY初心者
  • 記事を読んで同じように作ってもうまくいかない
  • キャスター取付け、曲げ方、切り方などのコツを知りたい

100均ワイヤーネットの選び方

100均で購入できるワイヤーネットですが、大きく分けると2種類あるようです。

セリアとセイワプロのワイヤーネット

画像上はセリアのワイヤーネット。下は販売元が 株式会社seiwa-pro のもの。

よく見るとお分かり頂けると思いますが、両者はマス目の大きさが異なります。

セリアのマス目はおおよそ4cmですが、セイワプロは4.5cmです。

マス目の大きさが違うと繋げにくくなるので、加工する場合は同シリーズを使う方が良いですね。

違いはマス目の大きさだけではありません。

ワイヤーの太さにも違いがあります
画像では分かりにくいですが、セリアのワイヤーネットは骨組みがしっかりしており、ズッシリと重みも感じられるのに対し、セイワプロの方は華奢な骨組み。

セリアのワイヤーネットはとても頑丈な印象ですね。
ただし強度が高い分、曲げたり切断したするには力も必要になります。

一方、セイワプロのワイヤーネットは曲げたり切断したりの加工がしやすいですが、ワイヤーネット自体が湾曲しやすく、加工の際にボキッとおれてしまうこともあります。

ワイヤーネットの曲げ方

直角に曲げる

①板や厚めの雑誌を使って曲げる

板を使って曲げている

もっともシンプルな方法は、板やしっかりとした雑誌や本をワイヤーネットの上に置き、片手で体重を掛けながら曲げていく方法です。

片手に体重をかけて一気に曲げていきますが、慣れないうちはゆっくり様子を見ながら曲げていくと良いかもしれませんね。

画像のような大きめの板がある場合、片足を乗せて体重をかけるようにすれば板がズレずに曲げやすいですよ。

②テーブルや机の角を使って曲げる

テーブルの角に乗せたワイヤーネット

雑誌や板がない場合は、テーブルの角を使って曲げる方法もあります。

ワイヤーネットの両側に体重をかけることができるので比較的曲げやすい方法かもしれませんね。

画像は大理石なので問題ありませんでしたが、木製の机やテーブルに傷が付く可能性があるのでご注意下さい。

タオルを敷くなどの保護を!

ワイヤーネットの短いところで折る方法

マス目の1つ目や2つ目で曲げようとすると、板や雑誌が滑ってうまく曲げられないことがあります。

木の上に乗って曲げる

その場合は画像のように板の上に乗り、脚で押さえながら角度を付けると簡単に曲げることができます。

ワイヤーネットの短い方、長い方、どちらに乗っても曲げることができるかと思います。

画像はフローリングの上でそのまま加工していますが、傷防止のために段ボールなどを敷くことをお忘れなく☆

S字やコの字に曲げる

1枚のワイヤーネットをいろんな角度に曲げた状態

コの字に曲げる場合も板や雑誌を使いますが、1つの箇所を先に直角に曲げた後は、他の部分を曲げるのが困難

まず先に全ての箇所を30度程の角度まで体重を乗せて曲げ、その後、手の力で直角になるよう調整します。

S字の場合も、まずは全ての箇所を折れ目が軽く付くぐらい(15度ぐらい)の角度にした後、手の力で直角に曲げます。

コの字やS字に曲げるときは、1度に直角に曲げず、板や雑誌を使って全ての箇所に少し角度が付くまで曲げ、その後に「手の力」で直角にする

ワイヤーネットをカットする方法

ワイヤーカッター
ワイヤーカッターでカットしている

ワイヤーネットはハサミなどではカットできないため、ワイヤーカッター を用意する必要があります。

ワイヤーカッターを使えばワイヤーネットの細い部分は少しの力で簡単にカットできるので、加工の幅が広がること間違いなし!

今後いろいろ作っていきたいなーと思っている方は、購入しても損はないアイテム☆

太い部分をカットする方法

ワイヤーネットの細い部分は比較的簡単にカットできますが、周りの部分はかなりワイヤーが太く、ワイヤーカッターを使ってもなかなか切れないかもしれません。

その場合は、ワイヤーカッターで切り込みを入れ、曲げ折るようにすると切断できます。


ワイヤーカッターで切り込み1度にカットするのは無理なので、ワイヤーカッターを上下にグリグリと切り込みを入れるように動かします。


曲げるように折る切り込み後にワイヤーを曲げれば鈍い感覚で折れるので、あとは反対側に折り曲げるようにして切断します。


切り込みが浅すぎるとグキッと折れる感じがしません。
その場合は再度ワイヤーカッターでグリグリしてみて下さいね。

ワイヤーネットの繋げ方・固定の仕方

開閉式の扉のようにしたり、ワイヤーネットを吊り下げる際に長さが足りない等の場合はジョイントを使えば簡単ですね。

しっかりと固定したい場合はやはり結束バンドが1番☆

結束バンドの選び方

折り曲げたワイヤーネットを繋げたりしっかりと固定する場合は結束バンドを使います。

100均の結束バンドはサイズが豊富で迷うかもしれませんが基本的に1番小さいサイズでOK。
小さいサイズの方がたくさん入ってお得ですしね 笑

セリアの結束バンドとダイソーの結束バンド

1番小さいサイズと言っても、セリアの結束バンド(左)、ダイソーの結束バンド(右)ではかなり違いがあります。

セリア(右)の1番小さいサイズは幅や頭の部分も大きめで全体的に肉厚なのに対し、ダイソーの方は頭も小さく薄っぺらい。

丈夫なのはセリアの結束バンドと言えるかもしれませんが、ダイソーの結束バンドの方が薄い分柔らかく扱いやすいですね。

どちらの結束バンドを使っても大きな違いはないですが、私はしっかりガッチリ固定したい箇所にはセリア、通常の固定であればダイソー、という感じで使い分けています。

その理由1つはヘッドの部分にあります。

セリアの結束バンドは頭の部分もしっかりしているので大きめ。
頭が大きいと、ワイヤーネットを繋げた後に出っ張りが目立ちやすいんです。

そのため繋げる場所によって使い分けています。

結束バンドのカット法

ハサミでカットすることができる結束バンドですが、切り口がとても鋭利で擦り傷になることもしばしば。

衣類やカバンを収納するラックを作っても、結束バンドの切り口が尖っていると収納したアイテムに傷を付けてしまうかもしれません。

切り口をできるだけ滑らかにするにはニッパーを使ってカットすると良いですよ♩

一言で「ニッパー」と言ってもざまな形状があります。
結束バンドをできるだけ滑らかにカットするには エンドニッパー がおすすめ。

ハンドルに対して直角に刃があるタイプで「喰いきり」とも呼ばれていますね。

力を入れずスパッと切れる上に、切り口が尖りにくく、ケガや引っ掛かりを最小限に抑えることができます☆


ハサミを使った切り口

ハサミでカットした部分ハサミを使うと刃の厚みの分、根元からカットできません。切り口も斜めになり、尖った部分が分かりますね。


エンドニッパーを使った切り口

ニッパーを使った切り口部分切り口が真っ直ぐ平らになっており、根元からカットできているのが分かりますね。


エンドニッパーで結束バンドの切り口を滑らかにする


結束バンドの平たい面に刃を当てる画像のように結束バンドの平たい面に刃を当て、ヘッドに刃先をグッと押仕込むようにカット。


結束バンドの平たい面と直角に刃を当てているまたは結束バンドの平たい面に対して直角に刃を当ててカットするしてもOK。


ニッパーでカットした後、手で触ってみて尖った感覚がある場合は、再度根元に当ててカットすればかなり滑らかに仕上げることができます。

エンドニッパーは細かい部分に刃が届きやすいので、ガッチリ取付けた結束バンドを取り外す時にも簡単にカットできます。

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
エンドニッパーを使ったらめっちゃ作業が早なったで!ほんまおすすめ!

ワイヤーネットに棚受けを取り付ける

折り曲げたワイヤーネットを棚のように使いたい場合などは、L字金具や棚受け(ブラケット)を使い、結束バンドで固定すると強度が増します。

100均でもL字金具やブラケットを購入することができますよ☆

棚受けをワイヤーネットに固定している

L字金具や棚受けは必ずネジ固定用の穴が空いている物を用意。

その穴に結束バンドを通し、ワイヤーネットと繋げていきます。

この時、画像のように穴ごとに結束バンドを巻き付ける向きを変えると、グラグラせずガッチリ固定できます。

穴に2本の結束バンドが入る場合は、反対向きにも巻き付けると安心ですね。

ワイヤーネットにキャスターを取付ける

ワゴンや収納棚を作った場合は、キャスターを取付けると移動に便利ですよね。

花台

キャスターを取付ける場合は、ダイソーなどで200円で販売されている「花台」を使うのもおすすめの方法です。

画像のようなワイヤータイプのものであれば、結束バンドで簡単に繋げることができます。

ワイヤーネットに直接キャスターを付けるよりしっかりした土台に仕上がります☆

ワイヤーネットに直接キャスターを付ける

キャスターを取付ける場合は、必ずネジ固定タイプ(取付け部分に穴が空いている)ものを使用します。


キャスターをワイヤーネットの角に固定4ヶ所の穴に結束バンドを通して固定しますが、最低でも1ヶ所はマス目の角部分を固定するとぐらつき防止になります。


ワイヤーネットに4つのキャスター底部分のできるだけ角部分にキャスターを取付けた方が、立てた時にぐらつきにくいです。


ワイヤーネットに脚を付ける

ワイヤーネットを床から自立させたりするためには、専用のスタンドが便利。

筒状のワイヤーネットには、角に直接コーナースタンドを取付けると安定しやすいですね。

1枚のワイヤーネットを自立させたい場合は、100均でも売られているスタンドを使うと良さそう。

100均のワイヤーネットスタンド
ワイヤースタンドを使って自立

ワイヤーネットスタンドはカチッとはめ込むことができるので、しっかりと安定して自立させることができました。

最後に

今回は、ワイヤーネットを使ったアレンジ方法についてお伝えしましたがいかがでしたか?

加工のコツさえ押さえれば、あとはアイデア次第でおしゃれで便利な物を作って頂けるかと思います!

ぜひチャレンジしてみて下さいね♩


関連記事