整理・収納アイデア

100%何がどこにあるか分かる収納法!キッチンパントリーの食品ストック

100%何がどこにあるか分かる

こんにちは。ぐうたらんこです。

我が家は乾物や缶詰、ルーなどの食品をまとめて購入することが多いため、夫婦2人にもかかわらずストックが多めです。
以前は、ストック食品の賞味期限切れや重複しての購入などで食品を無駄にしてしまうことも多かったのですが、収納法を見直すことでずいぶん解消することができました。

今日は、限られた空間でも無駄なくたくさんのストックを使いやすく収納し、賞味期限切れも防げる我が家の食品庫収納をご紹介します!

隠す収納 or 見せる収納

食品庫の収納でよく紹介されているのは、イケアやニトリ、100円均一のカゴを使う収納ですよね。

カゴを並べた画像

我が家も以前はこのように食品を収納ボックスに入れ、キレイに並べて使っていました。
このような隠す収納は、食品のパッケージが隠れてくれるので、ごちゃごちゃせずにスッキリ見えるところが嬉しいですね。

私も美しい見た目に大満足でしたが、しばらく使っていると賞味期限切れや重複購入が多発してしまったのです・・・

隠す収納は見た目が良いのが特徴ですから、収納するものによっては隠す方がおすすめの場合もあります。ですが、私の経験上、食品ストックに関してはあまりおすすめできません。

カゴやケースに入れてしまうと、一旦前に引き出して中身を確認しないと何がどこにあるかわかりにくいですよね。

もちろん、カゴにラベルを貼って種類別に収納してはいましたが「確かふりかけはこのカゴに入れたはず」とカゴを引き出して確認し、「あら、切らしてるわ」と思って購入すると後日違うカゴからひょっこり古いふりかけが出てくる・・・笑

こんなことがしょっちゅうで、同じ商品が4つも5つもストックされていることも日常茶飯事でした。

ぐうたらんこ
ぐうたらんこ
単に私の管理法がズボラなだけかもー 笑

そんなこんなで、食品ストックはやっぱり何がどこにあるのかが一目瞭然じゃないとだめだな~と思い、収納法を見直すことに。

全てが前から見える収納

以前使っていたカゴは全て取っ払い、ストッカーのの考え方を根本的に変えました!

100%何がどこにあるかが分かる収納法!

キッチンの収納庫は、料理中に何かを取り出すことが多いですし、料理中は時間との闘いですから、あれ?どこだっけ?と探している暇はありません。

購入した食品をおおよその場所にパッとしまったとしても、全て見えてる状態であれば、いちいちしまい直す手間もないのです!

立てて収納

乾物や詰め替え調味料なども大抵は薄っぺらい袋状のものです。
以前はカゴに立てるように収納していましたが、扉を開けるとずらっと見えるように立てて収納しています。

食品を立てて収納
食品を立てて収納

全ての食品を立てることができるように、ブックスタンドや可動式の食品スタンドを活用しています。

ブックスタンド
冷凍庫保存食品立て
冷凍庫保存食品立て

可動式の食品スタンドはカインズの商品です。本来は冷凍庫内の食品を立てて収納するアイテムのようですが、好きな幅で固定することが可能なので、あらゆるところで活躍中♩

大きさもSとMの2タイプあります。
大きな袋物はM、詰め替え調味料などの小さい袋はS、といったように立てるものによって使い分けています。

小さい袋やチューブ

チューブを並べた画像
小さい袋を並べた画像

ぐうたらな私はよくチューブ調味料を使用するので切らさないようにストックも多め。

賞味期限の刻印が前から見えるように並べて無駄を防いでいます。
こうやって常に見えるようにしておくことで、ストックが目に入った瞬間、「あ、そだ、これ使わないと!」と思い出すことができています☆

スティック状の調味料は100円均一の調味料入れを活用して倒れてぐちゃぐちゃにならないように。

1番収納に悩んだのが小さい袋の調味料類。
一味やブラックペッパーの詰め替え用に袋の他、最近便利ではまっているシーズニング類。
シーズニングは種類が豊富でついついいろんな味を買ってしまうのでどんどん増えてしまってたんです 笑

小さい袋だと奥に入り込んでしまい、行方不明のまま数年経過、なーんてことがありましたが、先ほどのカインズの仕切りのSサイズがぴったりの大きさだったので、全て立てて見えるように収納しました。

吊す収納

カーテンクリップに袋を吊した画像

シーズニングの収納は吊す方法もとても便利でした。
突っ張り棒にカーテンフックを通し、フックで1つ1つぶら下げて行く方法です。

この収納の時は今以上にシーズニングにはまっていて100種類ぐらい買いそろえていました。重複がないように商品名が全て見えるようにすることでとても使い勝手が良かったです。

缶詰類

缶詰の収納は、商品名が見えるようにストックするようにしています。
無印良品の整理ケースがぴったりサイズ!

缶詰を並べた画像
前に引き出した画像

ボトル・瓶類収納

ボトル類は、冷蔵庫横の隙間を活用して引き出せるストッカーを設置。
私はディノスの商品を購入しましたが、サイズがとても豊富でわずか18cmの隙間もにもぴったりのものが選ぶことができました。

薄型の収納庫のため横一列にボトルが並ぶようになりますが、この方が何がどれだけ残っているのかが把握できますね。

冷蔵庫横ストッカー
ストッカーを引き出した画像

最後に

我が家はマンションなんですが、はじめから食品庫のような棚が備え付けられていました。
ただこの食品庫、奥行きがあまりなく26cmぐらい。

この薄さ故に収納量は限られていましたが、今回のようにカゴなどを使わず直接食品を並べることにより、ぐっと収納量も上がりました。

備え付けの収納庫には調整できる棚板が付いておりましたが、見せる収納にするにあたり、棚板のみ別途購入して棚の数を増やして使用しています。これも収納量を上げることに繋がりましたね。

賞味期限切れ商品の防止、使い勝手の良さを考えておられる方は、ぜひ、100%何がどこにあるかが分かる収納法を試してみてください♩

関連記事
ネックレス・ブレスレット・指輪・メガネは洗面所の鏡の中に吊り下げ収納 整理・収納アイデア

ネックレス・ブレスレット・指輪・メガネは洗面所の鏡の中に吊り下げ収納

2019年12月16日
家がどんどん好きになる
こんにちは。ぐうたらんこです。 以前はアクセサリーボックスを使っており、ネックレスはこの引き出し、ブレスレットはここ、指輪はここ、という具合 …
本や説明書などの紙類は全てデータ化!収納スペースが格段に広がります! 整理・収納アイデア

本や説明書などの紙類は全てデータ化!収納スペースが格段に広がります!

2019年4月25日
家がどんどん好きになる
こんにちは。ぐうたらんこです。 整理収納の基本的な考え方に、家の中から必要のないものを取り除くという考え方があります。そんな当たり前のこと? …